【サモア】フィアメ首相が可愛い!五輪選手・赤澤岳との関係まとめ

アメリカ領サモアのフィアメ・ナオミ首相。

Xより

南国の花の髪飾りや、レイをつけ、かわいいですね!

2024年のパリ五輪選手・赤澤岳さんがサモアで経営しているマッサージ店の常連客なのだそうです!

サモアの女性首相・フィアメさんについてまとめました。

【顔画像】フィアメ首相のWiki風プロフィール

サモアのフィアメ首相のプロフィールはこちら!

Xより

  • 名前:アフィオガ・フィアメー・ナオミ・マタアファ
  • 生年月日:1957年4月29日
  • 年齢:67歳
  • 性別:女性
  • 学歴:ビクトリア大学ウェリントン校卒業
  • 職業:政治家・アメリカ領サモア首相

サモアはアメリカ領の一部なので、大統領はアメリカのバイデン大領領。

フィアメさんは、2021年からサモアの首相を務めています。

【顔画像】フィアメ首相がかわいい!

公式な場でも、花の髪飾りをつけているフィアメ首相。

Xより

笑顔もとてもかわいらしい方だな、という印象です。

フィアメ首相の家族構成:政治家一家だった!

サモアの第7代首相を務めるフィアメ・ナオミさん。

Xより

フィアメ・ナオミさんの両親は

  • 父:フィアメ・マタアファ・ファウムイナ・ムリヌウ2世(サモア初代首相)
  • 母:ラウル・フェタウイマレマウ・マタアファ(政治家・族長・外交官)

フィアメ・ナオミ首相の両親は、サモア人。

フィアメ・ナオミ首相は、ハーフではなく、サモア人です!

ムリヌウ2世 Wikipediaより

父親・ムリヌウ2世は、1973年~1975年にサモアの初代首相を務めていました。

シニア級のラグビー選手で、西サモア少年団の代表を務めていたそうです。

ムリヌウ2世は、フィアメ・ナオミ首相の母親と結婚する前に、すでに3人の子ども(男子)がいました。

フィアメ首相の学歴

Xより

フィアメ首相は、1976年にニュージーランド・ウェリントンのヴィクトリア大学に進学しています。

しかし、1975年に亡くなった父・ムリヌウ2世のマタイ称号「フィアメ」を継ぐために、1977年にサモアに戻されてしまいます。

多くの親族と法廷で争い、フィアメ・ナオミ首相は、1978年に正式に「フィアメ」の称号を獲得しました。

その後、ニュージーランドの大学に戻りましたが、親族からは「不在マタイ」とののしられながらも、学業を継続しました。

フィアメ首相の経歴

Xより

20歳でマタイ称号「フィアメ」を獲得したフィアメ首相の経歴をまとめました。

フィアメ・ナオミ首相の経歴

  • 1978年 マタイ称号「フィアメ」獲得
  • 1991年~2006年 教育大臣
  • 2006年~2011年 女性大臣
  • 2011年~2016年 法務大臣
  • 2016年~2020年 女性副首相
  • 2021年~ 首

フィアメ首相はレスリング選手・赤澤岳のマッサージ店の常連

Xより

フィアメ首相は、サモアへ国籍変更し、パリ五輪レスリング選手の赤澤岳(あかざわ・がく)さんが経営するマッサージ店の常連なのだそうです!

サモア代表・赤澤岳 Xより

赤澤岳さんは、両親日本人で、日本生まれの日本育ちですが、オリンピック出場のためにサモアに国籍変更をしています。

サモアでは、国籍変更の際、首相の同席が必要です。

赤澤岳さんは、サモアへの国籍変更を目指して2017年にサモアに移住。

ボランティアで子どもたちにレスリングを教える傍ら、日本式マッサージ店を経営していました。

フィアメ首相は、赤澤岳選手のマッサージ店の常連だったそうです。

YouTubeより

2023年の12月、体調を崩して闘病中で公務を制限していたフィアメ首相ですが、赤澤岳選手のマッサージ店を急遽来店。

オリンピック予選に間に合うように、赤澤岳選手の国籍変更の儀式を執り行ってくれたそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました